dTVの画質はどう?切替方法や通信量、画質が悪い時の対策は?

dTVの画質

dTVの画質はどのくらいか、正式に契約するまでにチェックしておきたいですよね。

※画質については専門用語が多いので、別ページで動画配信サービスの画質について詳しくまとめておきました。

dTVの画質は3種類ある

dTVの画質の種類

dTVの画質は、

  • 標準画質:SD(480p)
  • 高画質:HD(720p)
  • 最高画質:4K(2160p)

の3種類があります。

といわれても、専門用語ばかりで早い話キレイなのか、そうじゃないのか、よくわからないですよね。

以下のように考えるとわかりやすいかと思います。

標準画質 → DVDと同じくらいですので少し粗いです。

高画質 → テレビでも観れなくはないくらいの画質です(作品によっては少し粗く見える場合があります)

最高画質 → かなり綺麗です。ただし、対応作品はほとんどありません。

dTVはテレビよりもスマホやパソコンで見るのがベスト?

dTVはもともとはドコモユーザー向けのサービスだったこともあり、テレビで視聴することも可能ですが、どちらかといえばスマホ・モバイル端末に最適化されたサービスといえます。

というのも、他社の場合は多くがフルHDに対応していますが、dTVはフルHDには対応しておらず、配信内容としてもまだSD画質の状態のものも多少残っています。

テレビの大画面で視聴する場合は、他社サービスの方が画質に対して満足できるはずです。

ただ、フルHDまで行かなくても、以下のようなケースでは十分な画質です。

  • スマホで視聴する場合
  • 14インチくらいまでのパソコンで見る場合
  • 自宅の回線を占有しないようにしておきたい場合

画面が大きすぎない端末では十分にきれいに表示されますが、テレビくらいの大きさになると、意識してみると、やや画質が粗さを感じます。

ただ、画質は人によって感じ方が違ってきます。

実際ネットでの評価も、画質がいいという人もいれば悪いという人もいる状況です。

ネットでのdTVの画質に対する口コミ・評判は半々

傾向として、画質が良すぎ!と評価している方はライブ映像など、HD画質対応作品を視聴されている方が多く見られました。

dTVにはHD画質(720p)の作品を集めた専用コーナーがあります。

dTVでHD作品の一覧を見る

こちらにある作品については画質が良いと高い評価をされるようです。

1話無料の作品で画質をチェック

画質の良し悪しは、他人の評価だけでは決めにくいはずで、実際自分の目で確かめてみるのが一番です。

dTVには会員登録などをしなくても視聴ができる、1話無料の作品があります

数は必ずしも多くはありませんが、登録を行う前に画質を試すことができます。まずはこちらで実際の画質を確認しましょう。

dTVで1話無料を見る

dTVで画質の設定ができるのはスマホアプリのみ

dTVでは、スマホアプリの場合に限り、下記の画質の設定を行うことができます。

標準画質色数の少ないアニメなどでは十分な画質
高画質実写作品で十分な画質
最高画質TVなどの大画面での再生にも適した高品質な画質
自動回線の状況に応じて自動で最適な画質が選択されます

画質が設定できるのはスマホアプリのみです。

PCやテレビでの視聴は前提が自宅や高速Wi-Fiがある環境での視聴という判断のため、画質の選択はできません。

画質の切り替えはどんな時に使う?

通常の利用では、画質の選択をする必要はありません。回線の状況によって自動調整されるためです。

それでも画質を切り替えるというシーンは主に画質を下げる時になります。

最高画質や高画質で固定しても、回線速度が遅いと結果的に読み込み中となる時間が増えるだけなので、画質の変更とは通信速度を下げるためのものだとお考え下さい。

  • 自宅の回線が遅く、他のネット機器の利用を妨げないようにするため
  • 出先でモバイル回線で視聴する際に通信が安定していない場合

上記のような場合には画質を下げて通信量を意図的に下げるようにすると良いです。

自宅のWi-FI環境は比較的安定して高速ですが、それでも時間帯や回線の種類によっては読み込み中が発生することがあり得ます。

動画の視聴は通常のネットサーフィンなどとは比べ物にならないほど多くの通信量が発生します。

dTVは無料お試し期間がありますので、実際に使ってみて、自宅でのネット利用に問題がないか、画質を多少下げれば問題ないか、などを確認することをお勧めします。

参考無料お試し期間にチェックするポイント

dTVを 31日 間の無料で試してみる

画質が悪い時の対処法

  • ダウンロード機能をつかって、最高画質で設定して起こしてください
  • ネットワーク機器の再起動
  • 自宅の場合はWi-Fiが届く範囲に移動する

画質毎の通信量の目安

画質が上がれば上がるほど、当然多くの情報をやり取りすることになるので通信量が増加していきます。

最高画質高画質標準画質
アニメ
(30分)
700MB450MB225MB
ドラマ
(60分)
1.4GB900MB450MB
映画
(2時間)
2.8GB1.8GB900MB

画質の選択によってかなり通信量に差が出るのがわかりますね。

スマホでストリーミングモードで視聴していると、すぐに月間の高速通信容量を使いつくし、低速モードになったりしかねません。

ダウンロード機能を使えば自宅のWi-Fiでダウンロードしておくことも可能ですのでどうしても出先で視聴する場合は事前にダウンロードしておくことをお勧めします。

参考dTVのダウンロード機能:通信容量を削減する方法

dTVは4Kに対応

dTVは4Kに対応

dTVは4Kに対応しています。

4Kコンテンツを視聴するには、下記の条件を満たすことが必要になります。

  • 4K表示が可能なデバイスを利用する
  • 動画配信サービス側で4Kに対応していること(dTVは対応)
  • 作品側で対応していること(4K対応作品はそれほど多くありません)

現状、フルHDでもかなり綺麗に表示されるため、すぐに4K対応が必要というほどではないかもしれません。現在のところ対応作品は多くありませんが、今後増えていく可能性もあります。

dTVで4K作品を見る

dTVの特徴・メリットをもっと知る

 

動画配信サービスを検索・比較

-dTV
-

© 2021 ミマクリィ