dTVは何台まで同時視聴できる?

dTVの同時視聴機能

dTVは何台まで同時接続可能?

家族で使うにはどうしたらいい?

そんな疑問にお答えします。

参考同時視聴が可能な動画配信サービスはどれ?

dTVは同時視聴はできない

残念ながら、dTVは同時視聴には対応しておらず、1アカウントあたり1デバイスでの再生までとなっています。

2端末以上で接続してもエラーが表示されるため、再生することはできません。

下記のようなエラーが出て再生が停止します。

スマホの場合:下記のように、「同じdアカウントでログインされた他のデバイスで再生されています。このデバイスで再生を続ける場合は、他のデバイスでの再生を停止してください。」と表示されます。

dTVは同時視聴できない(スマホのエラー画面)

PCの場合:下記のように、「他のデバイス端末で視聴されているため同時視聴できません。エラーの詳細については、下記ボタンより原因および対処方法をご確認ください(エラーコード:H0004)」と表示されます。

dTVで同時視聴するとエラーが表示される(PC)

PCの方は何言っているのかさっぱりわかりませんね・・

複数の人が利用できるようにするためには、

  • アカウントを追加登録する
  • 別の動画配信サービスと併用する
  • 同時視聴機能に対応したサービスに乗り換える

のどれかを選択することになります。

Huluなど、他の動画配信サービスではストリーミング再生のみの重複がNGなだけで、ダウンロードした作品なら再生できる、という抜け道があったのですが、dTVの場合は、ダウンロード済み作品を再生するタイミングでライセンス状況のチェックで通信されるため、完全に1台のみしか再生できません。

dTVでは後から再生した方が残る

dTVは一人での利用が前提なので後から再生したデバイスが優先される

他社サービスでは、原則として、先に再生していた端末が優先されます。

つまり後から別の端末で再生しようとしても、エラーを表示して再生できないようになっていることが多いです。

dTVの場合は、後から再生した端末が最終的に残るようで、先に再生していた端末画面にエラーが表示されます。

これはdTVが一人で使っている前提のサービスであるため、最後の操作を残す仕様になっているためです。プロフィール機能があるなど複数名での利用を許可しているサービスでは先に再生されている方が勝ちます。

尚、エラーが出るまでに20秒ほどかかり、この間は同時に再生できてしまいます。

デバイスは5台まで登録可能

dTVは5台まで登録可能

dTVはデバイス登録が必要です。はじめて再生するデバイスは自動的に登録されます。

登録可能な台数は1契約につき5台となっています。

5台分の登録が可能なので、家族などと共有しているデバイスも登録することもできますが、規約上は本人の利用に限られるため注意してください。5人まで利用できる、ということではありません

マルチデバイス機能により、例えばリビングで視聴していた作品を自室に戻ってPCで続きから視聴することができます。

dTVのデバイスについてもっと詳しく

同時視聴をするための選択肢

1. dTVをもう1契約増やす

dTVのアカウントを増やす

最もシンプルな選択肢としては単純にdTVが十分気に入っており、他の人も使いたい場合です。

月額料金は増加しますが、同時接続が可能な他社サービスであっても、一人当たりの料金は概ね500円前後になるので、コスト的なデメリットはありません。

デメリットとしては他社サービスを選択した方が、再生ができるようになる作品数が増えるので、よほどdTVが大好きな方でなければ他社サービスとの組み合わせを推奨します。

dTVの会員登録をする

2. 他の動画配信サービスを追加契約する

dTVの他にサービスを追加する

dTVと違う動画配信サービスを追加で契約する場合です。

サービス毎に配信内容は少しずつ違いがあるため、別のサービスを契約していると結果としてカバーできる範囲も広がるため、視聴できる作品数が増加します。

追加契約する動画配信サービスとしては、一般動画ならHuluAmazonプライムビデオ、アニメ専門であればdアニメストアがおすすめです。

Huluのサービス詳細を確認する Amazonプライムビデオのサービス詳細を確認する dアニメストアのサービス詳細を確認する

3. 同時視聴に対応した動画配信サービスに乗り換える

dTVから同時視聴に対応したサービスに乗り換える

上記2つの方法は人数と共に契約数が増えていき、請求明細も複数になるため、解約の際も手間がかかってしまいます。

同時に視聴したい人が3人以上になるなら、最初から同時視聴に対応している動画配信サービスに乗り換えるのがおすすめです。

乗り換え先はU-NEXTかNetflixがおすすめです。

特にU-NEXTはdTV以上の 170,000本 の動画配信数があり、4人まで利用できるうえ月額費用内で1200円分のレンタル作品をポイントで視聴可能なため、おすすめです。

完全定額で安心して全作品見放題にしておきたい場合やオリジナル作品に魅力を感じる場合はNetflixが良いでしょう。

U-NEXTのサービス詳細を確認する Netflixのサービス詳細を確認する

同時視聴は自宅では実質的にできない可能性もある

自宅で同時に使用すると回線速度が足りない可能性

同時視聴を行う場合、「どの回線で行うか」が非常に重要になります。

1台は自宅のWi-Fi、別の1台は出先でモバイル回線、という場合は問題ないですが、例えば自宅で複数台から同時視聴をしてみると、回線速度が足りず、読み込み中が頻繁に発生するケースが少なくありません。

光ファイバーなどの高速回線であっても、時間帯や台数によっては読み込み中が発生します。

動画の視聴にはかなりの回線速度が必要です。

自宅で家族が別々に利用することを想定されている場合は、そもそも自宅の回線速度は十分か、も考慮に入れる必要があります。

dTVを契約しているだけでは同時視聴を試すことができないので、インターネット速度チェックを行い、自宅回線のネット接続速度を確認してください。

概ね実効速度が30Mbpsを下回ると、同時視聴時に読み込み中が発生する可能性が高くなります。

無料期間に同時視聴が可能かチェック

dTVを2契約するにせよ、他のサービスと組み合わせて使うにせよ、同時視聴可能なサービスを契約するにせよ、利用場所と回線速度が十分かの確認は必要です。

速度が十分なのかどうかは実際使ってみるのが一番手っ取り早いです。

dTVは無料期間が 31日 間もありますので、同時に再生してみて画質が悪くなったり読み込み中が発生しないか確認してみましょう。

dTVを 31日 間の無料で試してみる

動画配信サービスを検索・比較

-dTV
-

© 2021 ミマクリィ